ボトックス注射でフェイスラインを小さく

小顔になるボトックスに注目|大顔から卒業できる方法とは

腫れと副作用

顔を触る女性

小顔効果が報告されているボトックスは、劇的な変化を期待できますが、腫れや副作用もあります。しかし、量を調節すれば、このような症状も出ませんから医師の腕がかかってくるでしょう。

種類と他の治療法

医師

美容業界に欠かせないボトックスは、気になる箇所に注射をするだけで小顔になったりシワがなくなったりと顔に出てくるコンプレックスをなくすことができます。また種類がいくつかありますから、予備知識として頭の中に入れましょう。

特徴を知る

注射器

小さい顔は、美人度が増すので女性なら憧れるものです。また、顔が小さいと似合う髪形や服装が増えるでしょう。なんとか小さくするために、トレーニングをしたり、小顔矯正をしたり様々な方法を使って目指しますが、必ずしも効果が出るとは限りません。長年やっていても結局大顔のままというケースもありますから、思い切って、ボトックスを使ってもいいでしょう。施術前と後に比べ、ボトックスを打った顔は一回り小さくなっていることが症例で分かります。効果がはっきりと出てくるのはおよそ一か月後で、それまでは普通の大きさを保っています。徐々に小さくなると考えれば自然に顔痩せしたい人にとってはプラスでしょう。何故ボトックスが小顔に効果を出すのかは、筋肉を弱める働きにあります。ボトックスを顔に注入させると咬筋の力が徐々に弱くなっていきます。この働きがなくなると、エラが薄くなっていきやがて目立たなくなります。中には、咬筋を弱らせたことで噛む力が半減するのではという疑問の声がありますが、効果が出始める一か月後もせんべいやステーキを問題なく食べることができます。

ボトックスのメリットは、気軽に施術が受けられることです。また小顔だけではなくしわ取りにも精通しており、小顔とハリのある艶やかな肌両方を手に入れることが可能です。他の方法でも小顔になることができますが、代表的なのが骨切りでしょうか。これは骨格をいじることで半永久的に顔を小さくできる施術で、ダウンタイムが長いのが特徴です。また、顔が大きく腫れるので、仕事や学校をしばらく休まなければいけません。そう考えると、施術をする前に、入念な計画が必要になります。また費用も高額になりますし、施術にかかる時間も一時間はかかる恐れがありますから、そう考えると施術時間が15分程度で終わるボトックスの方がはるかに手が出しやすいといえます。術後も、すぐメイクができるので、効果が出るまで何も制限することはありません。一方、手軽に受けられる小顔施術も、短所が必ずあります。それは効果がすぐに失われることです。ボトックスの成分は、表情筋を司る神経伝達物質のアセチルコリンの分泌を抑制させます。この働きがなくなると肌のハリが徐々に失われるため、効果がなくなったと多くの人が感じます。しかし、ボトックスを必要以上に注入すると筋肉の動きが不自然になり、傍からみたら失敗したと認識されてしまいます。効果をいつでも実感したいなら、薄れてきた時に再度注入することが重要です。ただ、値段もその都度かかりますから、コスパ的にはあまりよくないかもしれません。

小顔になるために、ボトックスを打った体験者は半年を目途に効果がなくなったと語っています。でもこれは別に悪いことではなく、次は別の施術で小顔になれるチャンスでもあります。しかし、切開が必要ない安全な方法がボトックスの良さでもあるため、定期的に小顔を維持するためにも自宅から近い美容外科を選ぶといいでしょう。駅やバス停から近いと、仕事やショッピングの帰りに寄ることができます。

適している人

婦人

エラ隠しができるボトックス注射は、小顔にできる画期的な方法ですが、場合によっては向いていない人と向いている人がいます。それを知ることでより適した施術が受けられるでしょう。