ウーマン

小顔になるボトックスに注目|大顔から卒業できる方法とは

適している人

婦人

ボトックス注射のメリットは、エラを隠せることです。そのおかげで小顔になりもっと自分に自信を持つことができます。ただ、効果は最長で半年なので、期間が過ぎると元通りです。ずっと小顔でいたいなら、外科手術が必要でしょう。施術をする前に、患者と医師によるヒアリングや麻酔をして入院をすることになります。そうなると、プライベートを犠牲にしなければいけないため、面倒です。場合によっては腫れが引くまで仕事を休むことになりかねません。出勤をした時に顔が変わっていると整形を疑われ、誤魔化すのも面倒でしょう。それを避けたい人は、ボトックスでじわじわと小顔になる方法を選択しますが、ボトックスも、向いている人と向いていない人に分類されます。向いていない場合だと、顔に贅肉がついている状態でしょうか。顔に肉がついているとボトックスをしてもあまり効果が得られないかもしれません。ボトックスの魅力は小顔にすることですが、エラがあることを前提にしている場合がほとんどです。そのため、エラがなく顔に余分な脂肪がついているような顔にボトックスは不向きなのです。顔に肉がついている人に向いている施術は、顔にアプローチする脂肪吸引でしょう。近年はボトックスに並ぶリスクの少ない治療で、メスを入れずに脂肪を溶かす方法や目立たないところから切開をし、脂肪を吸引することで小顔にすることができます。二つのうちどれかを選択して施術すれば、すっきりとしたフェイスラインを手に入れることができます。他の方法だと、顔の脂肪吸引をした後にボトックス注射で整える方法もあります。顔の脂肪が除去されたことで、エラが目立つ可能性もあります。そんな時はボトックスを注入するのが好ましくなります。

一方、ボトックス注射が向いていない人は、何度も施術をしている人です。ボトックスは、何度も打ち続けると老けた印象を与えます。もちろん、回数や打つ量の調整をすれば老けた印象になることはありませんが、あまりやりすぎるとかえって逆効果になってしまいます。ボトックスは本来、プチ整形の枠で受けられる便利な方法として売り出されているため、安全を重視しています。ですから時間が経過すると元通りなのです。この場合はやはり、別の方法で小顔を目指した方が良いでしょう。外科手術の他にも糸を使った方法で顔全体をすっきりさせることができますし、持続できる期間も長くなります。ただ、ボトックスが向いているかそうじゃないかは医師の判断に委ねた方が確実です。医師は小顔になるボトックスを多くの患者に打っていますから、診察をするだけで判断ができるでしょう。信頼できる美容外科医は、遠慮なく向いている、向いていないことを言ってくれるので信頼もできます。尚、患者と向きってカウンセリングをしてくれる美容外科は、ランキングサイトで見つけることができます。また、カウンセリングにも時間をかけてくれるのでボトックスがなぜ適さないのか、ほかに良い方法はないのか等の疑問点を時間をかけ丁寧に説明をしてくれます。ただ、中には向いていないにも関わらず、無理に治療を進める医師もいますから注意が必要でしょう。ランキングで紹介されている美容外科は優良なので無理強いはしませんが、万が一を考えてカウンセリングは最低でも二つ受けることをおすすめしています。そうじゃなければ、美容外科の口コミをチェックしてもよさそうです。そこにはクリニックそれぞれの評判が書かれており、とても参考になります。