ウーマン

小顔になるボトックスに注目|大顔から卒業できる方法とは

種類と他の治療法

医師

整形に欠かせない存在のボトックスは、注射をするだけでエラを隠すことができます。また、年齢肌によるしわやたるみもボトックス注射で綺麗になくすことができます。特徴は、メスを使わずに小顔になれることですが、そもそもどのような治療法なのか、あまり深く知られていません。小顔になるボトックスは、国際商標権を持っている医薬品です。正確には海外の会社を示すものが一般的ですが、数あるボトックスの中に、生まれつき出ている眉間のしわを改善できたという報告がなされた商品があります。また、従来のものよりもエラが綺麗に隠れたとして、美容業界でも高い評価がされています。種類によっては、安全性が確立されてない物がありますから、打つ前にボトックスの種類について尋ねる必要があります。近年は、低価格競争が始まっているため、同じ成分をできるだけ安く打たせることが主流です。美容外科によっては、各国で商品化されているボトックスのみを扱うケースもあり、詳しい詳細はカウンセリングの時に尋ねるとより深く知ることができます。現在注目されている小顔のボトックスは、最長で半年しか効果が持たないという難点がありました。それを解消したのが人気の美容外科で採用されている最新のボトックスです。ボツリヌス毒素で作られるものは複合たんぱくが恐ろしく少ないため中和抗体が多く生成されてしまいます。しかし、効き目をより長く持たせるには、多く生成されても動じない強いボトックスが必要になるため、小顔の期間を長くしたい人から好まれています。

ボトックスは小顔効果を出す画期的な注射ですが、他の分野にも効かせることができます。例えば、太いふくらはぎはボトックスの注入のみでモデルのような細い足に仕上げることができます。この部分は顔と同様、痩せるのが非常に難しい箇所なので、苦労することが多いでしょう。しかしボトックスを注入することで自然と足の筋肉が小さくなり、スカートやパンツスタイルが似合うような細さに生まれ変わります。他にも、ガミースマイルや口角アップにも使われており、ボトックスだけでも数々の治療ができることを証明しています。近年は、メスのいらないワキガの治療ができるとしてボトックスが採用されることが多くなりました。これを受け、手術に対する不安で治療に踏み切れなかった人が決意する場面を多く見かけるようになっています。小顔だけに特化しているように見えて、体の至るところに効果をもたらしますから、美容業界でも手放したくない方法の一つです。