ウーマン

小顔になるボトックスに注目|大顔から卒業できる方法とは

腫れと副作用

顔を触る女性

ボトックスを打つ時によくある質問に、傷の有無があります。小顔にするために切開をしないのがボトックスの魅力です。そのため、傷はほぼ目立たないといって間違いありません。ただ、傷はなくても副作用は少なくとも出てきます。もともとボトックスは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種です。噂では、この菌が猛毒であると囁かれており、打つのに抵抗がある人も少なくありません。しかし美容外科が扱うボトックスは、体に入れても問題ない成分です。実際に打った患者の中には、アレルギー反応を起こしたという報告は一切なく、安全性は確立されたと言って間違いないでしょう。ただ、医師の注入量を間違えたことで、吐き気や頭痛、めまい、発熱等の副作用がまれに出ることがあります。日帰りで施術ができるからと受けたのに、副作用で何日も仕事や学校を休んでしまっては本末転倒です。ボトックスで小顔になる施術が得意なクリニックは、上記のようなトラブルを防ぐために量と濃度に配慮をしています。さらに厚生労働省が認可したボトックスなら顔が腫れる等の副作用が出ることは一切ないでしょう。ボトックスだと気軽に小顔が目指せますが、注射による失敗もあります。腕のない医師が注入すると理想の顔にならないことも考えられます。代表的な失敗といえば、局所顔面神経麻痺がありますが、ボトックスにはもともと筋肉を麻痺する効果があるため、大量に注入すると神経に悪影響を及ぼす可能性があります。最終的には表情筋のバランスが崩れてしまい、見た目が悪くなってしまうでしょう。ただし、技術があるクリニックで受ければ、バランスを考えて慎重に注入をするので失敗する心配はほぼありません。ボトックスによる作用も、一過性なので症状は時間の経過と共に落ち着いてくるでしょう。

患者の多くが、ボトックスを打った翌日に響くかどうかを気にしています。基本的に顔の内部へ注入するだけなので普通に生活をして問題はありません。稀に腫れや内出血が出る場合もありますが、メイクで隠せる程度なので問題はないでしょう。ただ、出方は個人で違うので体調と相談をしながら休ませることも大切です。痛みに関しては、0.20mm程度の細い針を使って注入しますが、大きな声が出るほどの痛みはありません。極度な痛み恐怖症の患者には、麻酔を施し、注射を打っていきます。ボトックスで小顔になるには、副作用と長所両方を頭に入れておくことです。特にボトックスは他の施術と違い、手軽に行なえるため、医師によっては手を抜かれる可能性も否めません。注入する箇所を誤れば深刻な後遺症を招くことも考えられますから病院選びとカウンセリングはしっかりと行なうべきといえます。